不純物のない美味しい水が17.5円/ℓ。蒸留水器『メガキャット』が欲しい

5月 28, 2018

不純物のない美味しい水が17.5円/ℓ。蒸留水器『メガキャット』が欲しい

『メガキャット』が欲しい。

よく考えた結果、買わないことに決めたのだけど、欲しいのは欲しい。

『メガキャット』というのは、蒸留水器。

水道水を一度沸騰させて出来た水蒸気を冷やすことで、不純物のない水を作る。


めちゃくちゃおいしい水ができる

この『メガキャット』で作った水を飲ませてもらったことがある。

まろやかで、まったくクセがなく、ほんの少し甘くも感じた。

飲ませてくれた知り合いはバーをやっていて、水割りなんかをこの蒸留水を使って作っているらしい。

それは飲んでいないけど、美味しいことは想像できる。

水に気を使っている

水に気を使っている

飲み水には一応気を使っている。

水道水には、消毒のための塩素やらが入っていて体に悪いということなので、やかんで沸騰させている。
沸騰しただけだと、トリハロメタンという発がん性物質が増える、というのでそれを無くすために10分間沸騰させ続ける。
さらに塩素を分解するというレモンを数滴たらして、飲み水にしている。
あとミネラルウォーターを買ったり。

水道水を飲み水にするためには、結構な手間と時間がかかっているし、ミネラルウォーターはお金がかかる。

『メガキャット』なら、4リットル70円で作れる。しかも、まろやかでクセがない美味しい水。

『メガキャット』を買わないことに決めた理由

不純物を取り除いたおいしい水ができるし、4リットル70円と経済的にも嬉しい。

だけど考えた結果、今は買わないことに決めた。

その理由は以下。

本体の値が張る

33,300円と、買うには少し勇気のいる価格。

4リットル70円というランニングコストと、あの美味しい水と考えると、それでも仕方ないかなと思える値段ではある。

動いているとき熱くなるのと音が大きい

蒸留水を飲ませてくれた人に聞いた話、動いているとき結構熱くなるのと音がするらしい。

まわりと上が熱くなるそうで、そうなると置く場所を考えないといけない。真上には蒸気も上がるらしい。

音は、「ヴーーーー」と口真似をしてくれたが、結構大きいなと感じた。

上に書いた「本体の値が張る」とか、下に書く「時間がかかる」というのはたいした問題ではなくて、買わないことに決めた理由のほとんどがこれ。

時間がかかる

1回(4リットル)6時間かかる。

まあ6時間は放っておくだけだけど。

時間がかかるのはいいとして、熱と音が6時間続くのかちょっと気になる。


しかし蒸留水を作ったあとに残る不純物すごい。

こんなんが普段飲んでる水には入っているんだなあ。

人気の関連記事

0 コメント