娘(2歳半)は「おとうさんといっしょ」が、どの子ども向け番組よりも好き

6月 20, 2018

娘(2歳半)は「おとうさんといっしょ」が、どの子ども向け番組よりも好き

いま娘(2歳半)がいちばん好きなテレビ番組は「おとうさんといっしょ」。
「何のテレビ見たい?」と聞くと、ぜったいに「おとうさんといっしょ」と答える。
DVDは見すぎておかしな映り方になっているところもある。
口ずさむ歌は「おとうさんといっしょ」のものばかりだし、「父山のぼり」というコーナーを毎日真似させられている。

BSでやっている「おとうさんといっしょ」


うちではBSが見れないのだけれど、実家にしばらく預けていたときに見せてもらい、好きになったらしい。
そこで焼いてもらったDVDを毎日、何度も見ている。

一緒に遊ぶコーナーが多い


「おとうさんといっしょ」には、他の子ども向け番組と比べて、**いっしょになって遊ぶコーナーが多い**。
これで、娘は「おとうさんといっしょ」が好きになったのだと思う。

おにいさん・おねえさんが前に立ち、歌い踊る。それを見ながら子どもたち(親も)がいっしょになって歌い踊る。
それをテレビで見る娘も、いっしょになって歌い踊る。すごく楽しそうに。

もう全部の歌と踊りを覚えてしまっている。

とくに好きなコーナー「父山のぼり」


数あるコーナーの中でもとくに好きなのが「父山のぼり」。

うつ伏せに寝転んだお父さんの、足元から背中まで歩いていく。そこまで来たら子どもは背中に座る。お父さんはムクリと四つん這いになり、背中の子どもを揺らすように動く。そして子どもをおんぶして立ち上がり、「3・2・1」とジャンプをし「ヤッホー」と言う。

これを、DVDを見ているときにいっしょになってやるのはもちろん、何も見ていないときもやる。1日に何度もやる。



こんなに好きなので、コンサートか何かあれば連れて行ってやりたいなあと思っている。

人気の関連記事

0 コメント