コピーライター養成講座の無料体験に行ってきました。2度目だけど、とても勉強になりました

2019年1月5日土曜日

仕事

t f B! P L
宣伝会議のコピーライター養成講座の体験授業に行ってきました。
2度目の参加です。

講師は前回とは違う方だったけど、大手広告代理店で第一線でコピーライターとして活躍しておられる方。
途中でその方が手掛けられたコピーの紹介もありましたが、よく知っているものもたくさんありました。

コピーとは何か、言葉とは何か


少し遅れての参加でした。
コピーとは何か、言葉とは何か、というようなコピーを考えるにあたって根本にある概念のようなものをわかりやすく事例を交えながら教えていただきました。

コピーは、「誰に言うか、何を言うか、どう言うか」である、ということは前回の無料体験の講師の方と共通した考え方。
大枠の考え方は一緒だけど、講師の方によって教え方が全然違う。
どうせ同じことなのだから、一回だけ聞けばいいや、というわけではなさそうでした。
コピーライター養成講座に通ってみるのも良いとおもいました。
金銭的・時間的に無理がありそうだったので、僕は通いませんが。

講師の方のコピーの紹介


コピーとは何か、言葉とは何か、の概念を聞いたあと、その講師の方が手掛けられた作品の紹介がありました。
よく知っているのもたくさんありました。
それぞれのコピーの説明、どういう経緯でどういう考え方で生まれたのか、ということも説明いただき、とても参考になりました。

ワーク


実際にコピーを考えてみるというワークをやりました。
実際にありそうなお題。コピーを3案考えるというもの。
制限時間が短く、大変でしたが、考えるのは楽しかったです。
複数考えることで、珠玉の一個を出そうと固執せず、柔軟に考えることができるのかな、と思います。
一つ目、二つ目、三つ目、いろんなアプローチで考えることができて、やっぱり三つ目にできたものが一番出来が良かったように思います。
1個だけ、と言われていたら一つ目のもので満足してしまっていたかもしれません。
たくさん書く、というのはこの講義でも言われていたし、コピーライティングの本にもよく書かれていましたが、実践してみることで実感となり身についたように思います。

採点


書いたコピーを講師の方が採点をします。
採点している間、宣伝会議の方によるコピーライター養成講座に関する説明がありました。
採点が終わると、講師の方から優秀な作品の発表がありました。
僕のも発表されましたが、みんなすごくうまいこと言ってはりました。

QooQ