朝ウォーキング

1月 23, 2019

朝ウォーキングをした。

少しだけ無理をして早く起き、妻と娘がまだ寝ているなか家を出る。
いつも通勤で行く方向と逆へ、20分間行けるところまで行き、引き返す。
朝の空気は冷たく凛としていた。人通りも車通りも少なく気持ちよく歩いた。
工事現場の警備員のおじさんにお辞儀をされ、僕もお辞儀をした。
駐車されていた車はことごとくガラスが曇っていた。
開院前の整骨院に年配の方々が列を作っていた。
「オープン」と幟の立っている出来たばかりであろう駐輪場。
往路でお辞儀をしてきた警備員が、スマホを見ている帰路の僕にもお辞儀をしたようだった。
こんなところに有名企業の工場があった。
いつも歩かない時間の、いつも歩かない場所は目に映るものが新鮮だった。
行き20分、帰り20分、計40分のウォーキングを終え帰宅。
約4,000。大体10分で1,000歩なのかと勉強になった。
まだ妻と娘は寝ていた。
僕も少し無理をして早く起きた分、眠たくなってきて、横になっていると寝てしまっていた。
思いのほか長時間眠ってしまっていたようで、起きたら庭には草木が生い茂り始末にとても困ってしまった。

Inspired from 『柿の種』寺田寅彦

人気の関連記事

0 コメント