揚げ物制限ダイエットが効果を発揮しました

2019年6月2日日曜日

健康

t f B! P L
揚げ物制限ダイエットが効果を発揮しました

この1ヵ月、揚げ物を制限しました。
制限といってもそんなに厳しいものではなく、「自分から率先して揚げ物を食べない」というくらいのものです。
ハンバーグの付け合わせのフライドポテトとか、子どもが食べきれなかった分のから揚げとかは全然食べてOK。
それとちょっとした筋トレを1ヵ月おこなったところ、体重が-0.8kg体脂肪率が-0.8%という結果になりました。

おやつ我慢ダイエットが大失敗に終わる

まず最初、おやつ我慢ダイエットをしました。
これは
・ 平日はおやつを食べない
・ 土日祝はおやつを食べても良い
というルールで実施。
これと、ちょっとした筋トレ1ヵ月続けたところ、体重は0.9kg、体脂肪率は1.3%増えてしまいました。

おやつ我慢ダイエット失敗の原因1:食事をとりすぎてしまう


平日、おやつを食べてはいけないと思うと、3食の食事をしっかりとってしまうようになりました。
お腹が空いてしまわないように、もうちょっと余分に食べておこうか、というのが増えました。

おやつ我慢ダイエット失敗の原因2:休日におやつをたくさん食べてしまう


平日食べられない分、休日にここぞとばかりにおやつを食べてしまうようになりました。

考えてみれば当然ですよね。
おやつ我慢ダイエットを実施している1ヵ月間、ああ平日の食事の量ふえているなあ、休日おやつ食べまくっているなあ、と自分でも思っていました。
でも、その分平日ちゃんとおやつは食べていないし、それでプラスマイナスゼロもしくはそれ以上の効果が出ているんだろうと信じていたのですが、そういうわけにはいかないようでした。

揚げ物制限ダイエットが大成功

で、次の1ヵ月で試したのが、揚げ物制限ダイエットです。

・ 揚げ物を食べない
というだけのルールです。
それも冒頭に書いたとおり、ゆるやかなルールで、メインについてきたちょっとしたフライドポテトや、子どもが食べきれなかった分なんかは食べてもOKです。
しかしこれが結果がよかったのです。

炭水化物とタンパク質が1gあたり4kcalなのに対し、脂質は9kcalもあるのだといいます。
揚げ物を制限することによって、脂質の摂取を抑えカロリーの摂取量も減ったのだと思います。ローファットダイエットというやつでしょうか。
おやつ我慢ダイエットのときのように、何かを我慢していたわけでもありませんので、ここで食べておかないとあとで食べられない、と余分に何かを食べてしまうこともありませんでした。

筋トレメニュー


揚げ物制限と合わせて筋トレもしていましたが、本当にちょっとした筋トレです。
以下、1ヵ月間トータルで行った筋トレを書いておきます。

・ 腹筋:10回×12セット
・ カーフレイズ:左右10回ずつ×9セット
・ ヒップリフト:10回×12セット
・ 腕立て伏せ:10回×14セット
・ 前腕プランク:30秒×6セット
・ リバースプッシュアップ:10回×6セット
・ 腕伸ばしプランク:30秒×6セット
・ 腕を横に伸ばして肩を回す:前後10回ずつ×9セット
・ 手のひらグーパー:20回×6セット
・ ワイドスクワット:20回×10セット

ちょっと無理をすると体調を崩してしまうので、無理のない範囲での筋トレでした。

これで、体重が-0.8kg体脂肪率が-0.8%でした。
筋肉量も0.2kg減ってしまっていましたが、それよりも体重が多く減っているので成功だと思います。

*

次は、筋肉量を維持もしくは増やしつつ体脂肪率を減らすという結果になるといいなと思います。
脂質を抑えることができたことがよかったのだと思います。
さらに脂質を抑えるには、揚げ物を制限するだけではなく、油を使う炒め料理も、茹でや蒸しでの調理に変えるといいみたいですね。

このブログを検索

QooQ