俳句(自由律俳句)入門におすすめの本8選

2019年7月29日月曜日

t f B! P L
短歌・俳句(自由律俳句)入門におすすめの本11選

一時期、俳句、自由律俳句にハマっておりました。
その時、俳句(自由律俳句)の本もたくさん読みました。
そんな中で、俳句(自由律俳句)を読む、作ることの入門としておすすめの8冊をご紹介いたします。
俳句(自由律俳句)の詩歌の世界は難しそうに思うかもしれませんが、ここで取り上げたのはわかりやすいと思います。

俳句入門におすすめの本

五七五で読まれる定型詩が俳句です。
俳句入門におすすめの5冊を紹介します。

『仰臥漫録』正岡子規


俳句ばかりを集めた句集ではありません。
病気を患い寝たきりになった晩年の子規による日記のようなエッセイです。
何を食べたとか、どんな手当をしたとか、誰が来たとかを淡々と書いています。
自殺を試みるところなんかは凄まじいです。
で、その中で時々つくった俳句があり、それがまた味わい深いです。

こんな俳句が載っています

栗飯の四椀と書きし日記かな
痩脛(やせずね)に秋の蚊とまる憎きかな
つくつくぼーしつくつくぼーしばかりなり

『子規365日』夏井いつき



正岡子規の数多くある俳句の中から、1日1句365句を夏井いつきが紹介・解説。
ユーモラスな俳句がたくさんあっておもしろいです。
正岡子規っておもしろい人だったんだろうなあと思います。

こんな俳句が載っています

うれしさにはつ夢いふてしまひけり
今年はと思ふことなきにしもあらず
内のチヨマが隣のタマを待つ夜かな

『名句の所以』小澤實



俳人の小澤實が集めた近現代の名俳句たち。
新年・春・夏・秋・冬・無季とカテゴライズされていて、俳句をつくるときの参考にもよさそうです。
季語や作家での索引もついています。

こんな俳句が載っています

眉の根に泥乾きゐるラガーかな / 三村純也
口論は苦手押しくら饅頭で来い
遺失物係の窓のヒヤシンス / 夏井いつき

『天の川銀河発電所』佐藤文香



俳人を
【おもしろい/かっこいい/かわいい】
でカテゴライズし紹介。
それぞれの俳人の作品もたくさん載っていておもしろいです。
僕は西村麒麟が特に好きです。

こんな俳句が載っています

猪を追つ払ふ棒ありにけり / 西村麒麟
二人ゐて長さの違ふ蠅叩 / 西村麒麟
ぜんまいののの字のことはもういいや / 西村麒麟

『くりかえし読みたい 名俳句1000』



こんな俳句が載っています

春ひとり槍投げて槍に歩み寄る/能村登四郎
名月をとってくれろと泣く子かな/小林一茶
秋高し仏頂面も俳諧なり/金子兜太

自由律俳句入門におすすめの本

五七五といった決まった形がない俳句です。
自由なリズムで詠まれる自由律俳句の入門におすすめの3冊を紹介します。

『尾崎放哉句集』


「咳をしてもひとり」で有名な自由律俳句の人。
『尾崎放哉全句集』という、全句を網羅したであろう本もありますが、分厚いのでこちらの『尾崎放哉句集』の方を、入門としてはおすすめしたいと思います。

こんな自由律俳句が載っています

マッチの棒で耳かいて暮れてる
乞食の児が銀杏の身を袋からなんぼでも出す
茄子もいできてぎしぎし洗ふ

『カキフライが無いなら来なかった』せきしろ・又吉直樹



お笑い芸人のピース・又吉直樹さんと、コラムニストのせきしろさんによる自由律俳句集。

こんな自由律俳句が載っています

投機されたゴミ達にも夕立
バスの運転手同士が挨拶しなかった西日の中
意識してスズメを見る

『まさかジープで来るとは』せきしろ・又吉直樹


お笑い芸人のピース・又吉直樹さんと、コラムニストのせきしろさんによる自由律俳句集。
『カキフライが無いなら来なかった』の続編。
さすがの二人で、くすっと笑える自由律俳句にさらに磨きがかかっています。

こんな自由律俳句が載っています

廃校にも咲いていた
腑に落ちずレシートをみる女
促しても変な踊りを止めない

*

短歌の入門におすすめの本も紹介しています。
短歌入門におすすめの本

QooQ