書きにくいシャーペンの話をしながら書きやすいシャーペンを紹介します

2019年9月2日月曜日

文房具

t f B! P L
書きにくいシャーペンを紹介します

僕が書きにくいと思ったシャーペンをふたつ紹介します。
パイロットのDr.GRIPとステッドラー 製図用シャーペンです。
同じように書きにくいなあと思っている方は、最後に僕が書きやすいと思うシャーペンも紹介していますので、同じようにそれは書きやすいかもしれません。

バイロット Dr.GRIP

パイロット Dr.GRIP

学生時代“ええシャーペン”といえばドクターグリップでした。
他に知らなかっただけかもしれませんが、500円もするシャーペン!と驚きと憧れで無条件にひれ伏していました。
500円もするシャーペンなんだから書きやすいに決まっています。

ところが書きにくかった。
書きにくいなあという感想に気づかないふりをし使い続けました。
500円もするシャーペンが書きにくいはずがない。
自分の書き方・持ち方が悪いのだと考えたりもしました。

いやいや。たかがシャーペン。
書きにくいのなら早く使うのをやめればよかったです。
探せば自分にとって書きやすいシャーペンはもっと安くででも見つかりました。

ステッドラー 製図用シャーペン

ステッドラー 製図用シャーペン

アートディレクター佐藤可士和の本に、愛用のシャーペンとして紹介されていました。
その時期おおいに佐藤可士和に憧れや尊敬の気持ちがありましたので、その人が使っているのならとステッドラー 製図用シャーペンを使い始めました。
なんか無機質で重厚でカッコよくも見えました。

しかし書きにくかった。
しばらく使い続けてみましたが、僕が佐藤可士和になることはありませんでした。

Dr.GRIPやステッドラー 製図用シャーペンが苦手な人が書きやすいかもしれないシャーペン

ここまでドクターグリップとステッドラー 製図用シャーペンが、僕にとって書きにくかったという話をしました。
そんな僕が書きやすいと思ったシャーペンを紹介しておきます。
ロットリングのラピッドとパイロットのオプトです。

この記事を読んでいただいている方で、ドクターグリップやステッドラーが書きにくいという方は、僕と感覚が似ているところがあると思います。
もしかしたら僕が書きやすいと思うラピッドとオプトを、同じように書きやすいと感じるかもしれません。

よかったら1度試してみてください。

ロットリング ラピッド



製図用のシャーペンには、重厚でメカニカルな見た目というイメージもあるかと思います。
こちらのラピッドはカジュアルな程よく見た目です。
そんな見た目も気に入っています。


パイロット オプト



文房具屋で片っ端から試し書きをして、一番書きやすいと思ったのがこのパイロットのオプトでした。
その時点ではまだ買わず、後日また試し書きをして、やっぱり一番書きやすかったので購入しました。