オーディオブックは小説を選ぼう

2019年9月7日土曜日

audible

t f B! P L
オーディオブックは小説を選ぼう

amazonのオーディオブックサービスaudibleに登録をしました。
登録するとコインがひとつもらえ、そのコインで好きなオーディオブックひとつと交換できます。会員である間は毎月コインをひとつもらえます。

僕は1つ目のコインを『スタンフォード式疲れない体』と交換しました。
その経験から、オーディオブックを聴くなら小説がいいよということをアドバイスしたいと思います。

実用書はオーディオブックに向かない

『スタンフォード式疲れない体』は、いわば実用書という位置づけでしょうか。
実用書はオーディオブックに向かないと思います。
なぜなら、聴き飛ばせないからです。

実用書を読む場合、自分のほしい情報のところまで適当に読み飛ばすことができます。
しかしオーディオブックの場合、どこで自分のほしい情報が聞けるかわからないため大事ではないところも集中して聞かなければなりません。
速度を速める機能もありますが、今か今かと集中しておかなければならないのは変わりません。
携帯もそのときのために持っておかなければならないことになるでしょう。
慣れなのかもしれませんが、実用書は聞くより本で読む方がいいと思います。

オーディオブックは小説がおすすめ

小説はどうかと言うと、オーディオブックに向くんじゃないかと思います。
少なくとも実用書よりは。

小説は物語を追うために最初から最後まで、読み飛ばすことはないと思います。
話し手の声の好みもあるでしょうが、気になるとすればそこくらいでしょうか。

好みの声の読み手を見つけたら、読み手からオーディオブックを探すという楽しみ方もできるかもしれません。

まとめ

  • 実用書はオーディオブックに向かない
  • オーディオブックは小説がおすすめ
  • 好みの声の読み手を見つけてみてもいいかも

以上、たのしいオーディオブックライフを〜

QooQ