筆ペン最強は完美王(くれ竹)だと思う

2019年11月16日土曜日

文房具

t f B! P L
筆ペン完美王(くれ竹)

書道3段の僕が思う、最強の筆ペンをご紹介します。
それは、完美王というくれ竹の筆ペンです。

筆にちかい書き心地

なんといっても書き心地が筆にちかいです。
まるで筆で書いているようだ、というわけにはいきませんが、ほかの筆ペンと比べるとずいぶん筆にちかい書き心地です。

よく、ペンのように書ける筆ペン、というのを見かけますが、やはり筆で書いたような字に近づけるにはペンのように書ける筆ペンでは不十分です。

筆にちかい書き心地であれば、ぺんてるの筆ペンもいい勝負をしています。
マイベストといういろんなもののランキングサイトで、筆ペン部門1位に輝いています。
【徹底比較】筆ペンのおすすめ人気ランキング15選

インクを継ぎ足さなくていい

書き心地の面ではぺんてるの筆ペンといい勝負をしている完美王(くれ竹)ですが、圧倒的にすぐれているのが、このインクを継ぎ足さなくていいところです。

ぺんてるの筆ペンであれば、インクの出が悪くなってきたらカートリッジの腹の部分を押してインクを継ぎ足さなくてはなりません。

これがなかなかむずかしくて、出さなすぎるとすぐにまたインクを継ぎ足さなくてはなりませんし、出し過ぎるとじゅくじゅくになって、出過ぎた分を拭き取ってやっと普通に書けるようになります。

完美王は、どういう仕組みなのか知りませんがずっといい塩梅で自動的にインクを継ぎ足してくれています。
ずっとかすれずに程よい濃さで書くことができます。
(たまにやけに出過ぎるときもありますが、たまにです)

筆ペン最強は完美王(くれ竹)

というわけで、筆にちかい書き心地でインク継ぎ足しの必要がない完美王(くれ竹)が筆ペン最強だと思います。

【おまけ】筆ペンで字をうまく書くコツ

おまけに、最近つかんだ筆ペンで字をうまく書くコツ2点を書いておこうと思います。

1. 力を抜いて書く


全身に無駄に力が入らないようにしましょう。
とくに肩に力が入らないように意識します。

2. 筆ペンはしっかりと握る

体の力は抜きますが、筆ペン自体はしっかり握りましょう。
かといってガチガチに握ってはいけません。

筆ペンの重みで筆先が紙にべちゃっとなってしまわないように、筆先をしっかりコントロールできるくらいの力で握ります。基本は脱力です。

以上、全身の力を抜くこと、筆ペン自体はしっかり握ること2点を意識するといつもよりうまく書けます!

このブログを検索

QooQ