初句が字余りの俳句あつめました

2019年11月4日月曜日

俳句・短歌

t f B! P L
初句が字余りの俳句

字余りを使うと上級者っぽく見えますよね。

初句が字余りの俳句をあつめました。

初句が字余りの俳句


聖夜眠れり頸(くび)やはらかき幼な子は/森澄雄

裸でうたふ子の列大人はいくさなすな/中村草田男

谷は夕焼子は湯あがりの髪ぬれて/長谷川素逝

鳳仙花は小さき娘が植ゑにけり/河東碧梧桐

さらば少年薄氷高く日へ投じ/恩田侑布子

子等に試験なき菊月のわれ愉し/能村登四郎

少年走る秋晴れの日の古き写真/津沢マサ子

少女膝をこぼして木の実拾いけり/楠本憲吉

寒夜明るし分かれて少女駆け出だす/西東三鬼

少年美し雪夜の火事に昂りて/中村苑子

少年ありピカソの青の中に病む/三橋敏雄

人それぞれ書を読んでゐる良夜かな/山口青邨

西瓜切るや家に水気と色あふれ/西東三鬼

何か愉し年終るよの熱き湯に/日野草城

玉の如き小春日和を授かりし/松本たかし

明日も生きん白き炎の髪洗ひ/木田千女

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉/三橋鷹女

冬に負けじ割りてはくらふ獄の飯/秋元不死男

生きることは一と筋がよし寒椿/五所平之助

年改まり人改まり行くのみぞ/高浜虚子

思ひつきて独活大木となって見よ/寺田寅彦

四月一日逢う約束をした二人/鳴戸奈菜

万有引力あり馬鈴薯にくぼみあり/奥坂まや

あら何共なやきのふは過て河豚汁/芭蕉

闘争本部からはつらつと夏の少女たち/栗林一石路

女教師の矜持に疲れ夏あざみ/鍵和田秞子

砧打て我に聞かせよや坊が妻/芭蕉

暴落西瓜百姓くわつと割つて食う/栗林一石路

夜業人に調帯たわたわたわたわす/阿波野青畝

教師は負ひ生徒は対ふ秋の風/中村草田男

長靴に腰埋め野分の老教師/能村登四郎

銀行員等朝より蛍光す烏賊のごとく/金子兜太

椿落つる我が死ぬ家の暗さかな/前田普羅

女ざかりといふ語かなしや油照り/桂信子

浴衣のまま行方知れずとなるもよし/鈴木真砂女

ふたり四人そしてひとりの葱刻む/西村和子

年酒酌み生国遠き漢たち/中村苑子

金魚他向けん肉屋の鉤に彼奴を吊り/中村草田男

何をもつて悪女と言ふや火取虫/鈴木真砂女

戦死すべて犬死なりき草茂る/長谷川櫂

除夜の畳拭くやいのちのしみばかり/渡辺水巴

雪の上にうつぶす敵屍銅貨散り/長谷川素逝

色の恋の死ぬのいきるの杜若/竹久夢二

氷菓互ひに中年の恋ほろにがき/秋元不死男

月に来よと只さりげなく書き送る/正岡子規

呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉/長谷川かな女

窓に銀河妻ならぬ人おもひ寝る/上村占魚

思ふ人の側へ割込む炬燵哉/一茶

告げざる愛雪嶺はまた雪かさね/上田五千石

玉菜は巨花と開きて妻は二十八/中村草田男

空は太初の青さ妻より林檎うく/中村草田男

前途永き妻に加護あれ降誕祭/中村草田男

やさしく抱かれ接吻する者の家に帰らん/萩原朔太郎

老妓ひとり春夜の舞の足袋白し/渡辺水巴

湖畔亭にヘヤピンこぼれ雷匂ふ/西東三鬼

疾風怒濤の晩年もよし冬欅/倉橋羊村

船のやうに年逝く人をこぼしつつ/矢島渚男

面白くて傘をさすならげんげん野/長谷川かな女

満齢古稀さくらのもとにけふ一日/大野林火

敬老日の腰紐しかと結びけり/鈴木真砂女

八十路半ば胸の奥まで初明かり/水原秋桜子

セーノヨイショ春のシーツの上にかな/川崎展宏

七夕竹惜命の文字隠れなし/石田波郷

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉/夏目漱石

いくたび病みいくたび癒えき実千両/石田波郷

雪はしづかにゆたかにはやし屍室/石田波郷

勿忘草わかものの墓標ばかりなり/石田波郷

岩に落葉表裏生死のごとくあり/福田蓼汀

父のごとき夏雲立てり津山なり/西東三鬼

めぐりあひやその虹七色七夜まで/中村草田男

塚も動け我泣声は秋の風/芭蕉

亡き友肩に手をのするごと秋日ぬくし/中村草田男

金剛茅舎朴散れば今も可哀さう/中村草田男

すでにすでに冬日を鼻におん屍/石塚友二

うどん供へて、母よ、わたくしもいただきまする/種田山頭火

旅に病で夢は枯野をかけ廻る/芭蕉

書てみたりけしたり果はけしの花/北枝

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな/正岡子規

病めば布団のそと冬海の青きを覚え/中塚一碧楼

山に金太郎野に金太郎予は昼寝/三橋敏雄

夏の少女が生態系を乱すなり/大牧広

青大将に生れ即刻殺されたし/宮入聖

烏賊に触るる指先や春行くこころ/中塚一碧楼

石の上に秋の鬼ゐて火を焚けり/富澤赤黄男

打てばひびくわれと思ふや秋の風/久保より江

くすぐつたいぞ円空仏に子猫の手/加藤楸邨

酒も少しは飲む父なるぞ秋の夜は/大串章

恙なしや今日立春の鳥獣/北原志満子

妻は開きおのれは丸のどぜう鍋/吉村昭

人の妻の琴の指南や沈丁花/中村楽天

壜に入れて麦湯冷やすや水の中/星野麦人

冬木の枝しだいに細し終に無し/正木浩一

阿修羅の鵜女体とききしあはれさよ/渡辺桂子

おかしいから笑ふよ風の歩兵たち/鈴木六林男

会社やめたしやめたしやめたし落花飛花/松本てふこ

呵々大笑入歯はづして年忘/五百木瓢亭

洗面器の底に西瓜の種一つ/篠崎央子

蜥蜴の交尾ずるずると雄ひきずられ/田川飛旅子

夏痩始まる夜は「お母さん」売切です/加藤知世子

握りつぶすならその蝉殻を下さい/大木あまり

花こぼるる棕櫚の下掃くさびしさよ/村山たか女

春は曙そろそろ帰つてくれないか/櫂未知子

このブログを検索

QooQ