おいしい野菜の選び方

2020年5月2日土曜日

t f B! P L
おいしい野菜の選び方

ブロッコリー・白菜・にんじん・たまねぎ・大根の、おいしいものを見極める方法まとめ。
テレビなどで言っていたものをまとめてみました。
他の野菜も情報を仕入れたら追加していきます。

ブロッコリー

ブロッコリーは、むらさき色になっているものがいい。
紫なのは寒さのせいでアントシアニンという色素が出ているということ。
寒く厳しい環境下で育ったブロッコリーは甘さが増すそうです。

白菜

白菜は1/2カットなどで、断面が盛り上がっていないものがいい。
白菜はカットしたあとも成長を続けて、断面が盛り上がっているのはカットされてから時間が立っている証拠。
新鮮ではないということだそうです。

にんじん

にんじん

にんじんはヘタの小さなものを選ぶのがいい。
この部分が芯みたいなもので固くておいしくない。
なのでヘタが小さいものの方が固くなくておいしい。

たまねぎ

たまねぎ

たまねぎは、てっぺんのところ、芽が出てくる首のところが締まっているものがいい。

大根

大根は、表面の小さな穴がまっすぐ並んでいるものがいい。
この表面のちいさな穴がまっすぐだということは、土の中で障害物などによるストレスなくまっすぐ育った証拠で、おいしいのだそうです。

このブログを検索

QooQ